食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

全農が和牛輸出拡大などで上海に現地法人設立へ—自民輸出対策委

 自民党の農産物輸出促進対策委員会が25日、党内で開かれ、JA全農から和牛輸出と取り組みについてヒアリングを行った。JA全農は令和2年度、和牛輸出拡大などで中国・上海に現地法人設立することを明らかにした。
 JA全農の川崎浩之参事の説明によると、牛肉中国市場は消費者のし好が豚・鶏肉から牛肉にシフトしており、2018年輸入量が100万tを超えており、2025年の予測では150万tと見込んでいる。
 その中で市場拡大のための課題として(1)検疫条件や日本の輸出用加工施設等の認可など各種輸入規制の緩和・廃止(2)輸出に見合う生産量の確保と円滑な集出荷(3)輸出に見合う生産量の確保と円滑な集出荷(4)現地での円滑な物流と信頼できるマーケティングの仕組みづくり(5)安定した経済成長と流通業者・消費者の日本産農畜産物への理解浸透—–をあげた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

 (株)いわちく(小原俊英社長)は、産地の生産基盤拡大への対応や機能強化、輸出拡大に向け、新たな豚処理加工施設を建設し、26日、岩手県紫波町の同社敷地内にある新施設で竣工式を開催した。当日は、地元の岩手県や紫波町をはじめ整備事業・工事に携わ...
More
Return Top