食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

日本食肉年鑑

全農が和牛輸出拡大などで上海に現地法人設立へ—自民輸出対策委

 自民党の農産物輸出促進対策委員会が25日、党内で開かれ、JA全農から和牛輸出と取り組みについてヒアリングを行った。JA全農は令和2年度、和牛輸出拡大などで中国・上海に現地法人設立することを明らかにした。
 JA全農の川崎浩之参事の説明によると、牛肉中国市場は消費者のし好が豚・鶏肉から牛肉にシフトしており、2018年輸入量が100万tを超えており、2025年の予測では150万tと見込んでいる。
 その中で市場拡大のための課題として(1)検疫条件や日本の輸出用加工施設等の認可など各種輸入規制の緩和・廃止(2)輸出に見合う生産量の確保と円滑な集出荷(3)輸出に見合う生産量の確保と円滑な集出荷(4)現地での円滑な物流と信頼できるマーケティングの仕組みづくり(5)安定した経済成長と流通業者・消費者の日本産農畜産物への理解浸透—–をあげた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連が22日から「2月9日はお肉の日」キャンペーン展開

全肉連が22日から「2月9日はお肉の日」キャンペーン展開

 11都府県で新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が再発令される中、家庭での食肉消費の需要喚起に向け、全国食肉事業協同組合連合会およびJA全農などは1月22日から2月11日まで「2月9日はお肉の日」キャンペーンを展開する。全肉連は、...
More

◆製品

スターゼン新代表取締役社長に横田専務、常務取締役に鶉橋氏

スターゼン新代表取締役社長に横田専務、常務取締役に鶉橋氏

 スターゼンは18日の取締役会で、代表取締役の異動、役員の異動、人事異動について決議した。4月1日付で新たに代表取締役社長に横田和彦専務取締役営業本部長が就任する。中津浜健代表取締役会長兼社長は取締役会長、永野章代表取締役副社長は取締役副会...
More
Return Top