食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

酪肉近と家畜改良増殖目標が適当と答申—畜産部会

 食料・農業・農村政策審議会 畜産部会が3月31日、コロナ影響により、書面を通して開催され、酪農および肉用牛生産の近代化を図るための基本方針と家畜改良増殖目標、鶏の改良増殖目標について適当と答申した。
 酪肉近で令和12年度牛肉の生産数量目標は枝肉換算で57万t(前回酪肉近52万t)、部分肉換算で40万t(前回数値なし)。肉用牛の全国飼養頭数目標は303万1千頭(現状250万9千t)とされた。牛肉については繁殖雌牛・和牛受精卵の増産、酪農経営における和牛受精卵の利用促進などにより、和牛の生産量を増加していくとの考えで設定された。令和12年度の食肉処理施設の稼働率目標については70〜90%以上に設定。再編合理化後の1日あたりの処理能力は1千頭以上、処理頭数は700〜900頭以上とした。

◆行政・統計

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

 野上浩太郎・新農水大臣(写真)は17日、農水省に初登庁し、就任会見に臨んだ。 会見では冒頭、わが国の農林水産業について「国民に食料を安定的に供給するとともに、食品産業や関連産業とともに地域の経済を支えている。また、高品質な農林水産物は世界...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連「食肉惣菜創作発表会」、コロナ踏まえ形を変えて実施へ

全肉連「食肉惣菜創作発表会」、コロナ踏まえ形を変えて実施へ

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、令和2年度食肉流通経営体質強化促進事業(食肉流通機能強化推進事業)で実施する「食肉惣菜創作発表会」について、新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、従来とは形を変えて開催することを決定した。...
More

◆製品

伊藤ハム、米久ら「TANPACTプロジェクト」発表

伊藤ハム、米久ら「TANPACTプロジェクト」発表

 明治、伊藤ハム、米久、山崎製パンは24日、東京都中央区の日本橋三井ホールで4社共同による「TANPACTプロジェクト発表会」を開催した。 明治では、日本のタンパク質摂取量の低下や低栄養という社会課題解決に貢献する商品として、いつでも、どこ...
More
Return Top