食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

補正予算、牛肉販売促進などに計1,900億円、今後、国会で審議

 農水省は7日、コロナ対策などの令和2年度農林水産関係補正予算の概要を取りまとめた。農林水産関係の予算額は5,448億円で、このうちALIC事業が950億円。牛肉の販売促進や支援、肉用牛の計画的出荷に伴う追加費用、肉用牛肥育生産におけるコスト低減などの取り組みを支援する。コロナにより停滞する生産、流通の改善を図るとともに、コロナ終息後のV字回復を見据える。今後、国会で審議される。
 牛肉などの販売促進を支援する「需要が減退している農林水産物等の販売促進」は1400億円で、このほかALIC事業が500億。インバウンド需要・外食需要の減少や輸出の停滞等により、在庫が増加して滞留するなどの影響が生じている農林水産物等について、販売促進の取り組みを幅広く支援する。また、需要が減退している農林水産物等の需要を喚起するための広報活動を支援する。
 肉用牛の計画的出荷に伴う追加費用、肉用牛肥育生産におけるコスト低減などの取り組みを支援する「需要減退の影響の大きい畜産・酪農の事業継続の確保」は450億円(ALIC事業)。新型コロナウイルス感染症が発生した農場の事業継続を確保するため、代替要員の派遣を支援するとともに、肉用牛肥育生産の事業継続を確保するため、牛マルキンの生産者負担金の納付猶予も措置する。
 「新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を踏まえた輸出の維持・促進」は147億円。家庭食の輸出増加や新規・有望市場でのシェア獲得など、輸出の維持・促進を図るため、物流に対する支援、食品製造設備等の整備・導入支援、新規・有望市場の維持・開拓に必要な商談・プロモーションの支援などを実施する。

◆行政・統計

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

 野上浩太郎・新農水大臣(写真)は17日、農水省に初登庁し、就任会見に臨んだ。 会見では冒頭、わが国の農林水産業について「国民に食料を安定的に供給するとともに、食品産業や関連産業とともに地域の経済を支えている。また、高品質な農林水産物は世界...
More

◆トレンド

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

 食肉業界、また関連業界でウイルスを含むメールの拡散が流行しています。取引先や社内の担当者を騙り、一見すると何ら問題ない文面でウイルスを含むWordデータや圧縮ファイルなどを添付して送るという手口です。過去のメールのやりとりに返信する形で送...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top