食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

補正予算、牛肉販売促進などに計1,900億円、今後、国会で審議

 農水省は7日、コロナ対策などの令和2年度農林水産関係補正予算の概要を取りまとめた。農林水産関係の予算額は5,448億円で、このうちALIC事業が950億円。牛肉の販売促進や支援、肉用牛の計画的出荷に伴う追加費用、肉用牛肥育生産におけるコスト低減などの取り組みを支援する。コロナにより停滞する生産、流通の改善を図るとともに、コロナ終息後のV字回復を見据える。今後、国会で審議される。
 牛肉などの販売促進を支援する「需要が減退している農林水産物等の販売促進」は1400億円で、このほかALIC事業が500億。インバウンド需要・外食需要の減少や輸出の停滞等により、在庫が増加して滞留するなどの影響が生じている農林水産物等について、販売促進の取り組みを幅広く支援する。また、需要が減退している農林水産物等の需要を喚起するための広報活動を支援する。
 肉用牛の計画的出荷に伴う追加費用、肉用牛肥育生産におけるコスト低減などの取り組みを支援する「需要減退の影響の大きい畜産・酪農の事業継続の確保」は450億円(ALIC事業)。新型コロナウイルス感染症が発生した農場の事業継続を確保するため、代替要員の派遣を支援するとともに、肉用牛肥育生産の事業継続を確保するため、牛マルキンの生産者負担金の納付猶予も措置する。
 「新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を踏まえた輸出の維持・促進」は147億円。家庭食の輸出増加や新規・有望市場でのシェア獲得など、輸出の維持・促進を図るため、物流に対する支援、食品製造設備等の整備・導入支援、新規・有望市場の維持・開拓に必要な商談・プロモーションの支援などを実施する。

◆行政・統計

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

 農水省は25日、このほど開催した「農林水産物・食品の輸出等への投資の促進に関する検討会(第2回)」の議論を踏まえ、「農林水産物・食品の輸出等の取組に対する投資の促進に係る基本方向」を取りまとめた。 同検討会は農林漁業および関連産業における...
More

◆トレンド

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

 新型コロナウイルスの感染拡大が全国的に再び加速し、急速に社会的な不安と警戒感が強まってきた。国のGoToキャンペーンで飲食店は少しずつ活気を取り戻し、年末に向け期待感は高まっていたが、忘年会を含め外食需要は再び厳しい状況が見込まれる。内食...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

 伊藤ハムは、熟成が醸し出すコク、うまみが特長の「The GRANDアルトバイエルン」か ら、大容量タイプの「The GRAND アルトバイエルン 1,000g」を11月10日に発売した。 外食控えや節約志向の高まりにより、家庭で食事をする...
More
Return Top