食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

全肉連が小冊子「お肉で元気」とポスター作成、健康・長寿訴求

 全国食肉事業協同組合連合会は、農畜産業振興機構の助成を受けて実施した平成31年度国産食肉等新需要創出緊急対策事業により、小冊子「お肉で元気—ご老公に学ぶ、健康・長寿!」とポスターを作成した。同事業では、平成27年度から「お肉で元気」を掲げ「健康・長寿」をキーワードに国産食肉の栄養・機能性、うまみ成分などの新たな訴求ポイントをさらに鮮明にすることを狙いとした取り組みを実施。具体的には(1)各種定量分析とメタボローム解析の統合による国産牛肉の付加価値に向けた科学的分析(2)食肉の摂取を介した低タンパク質栄養からの身体機能の回復の検証(マウス実験)(3)熟成に伴う牛肉のおいしさに関与する脂肪酸の探索—を進め、食肉の新たな訴求ポイントの探索に関して科学的検証に取り組んでいる。その一環として、少子・高齢化が進む中、食肉の栄養成分データとその機能、新知見、さらにヘルシーレシピ集を含む小冊子「お肉で元気」や店頭用ポスターを作成。会員に配布し、食肉専門店を利用する機会が多い高齢者や子育て世代などをターゲットに、店頭から健康・長寿に対する肉の効用などについて情報発信を行っているもの。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top