食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

農相などが関係事業団体に対して雇用維持等への協力要請

 江藤農相は14日、新型コロナウイルス感染症による甚大な影響を踏まえ、高市総務相、森法務相、萩生田文科相、加藤厚労相と連名で、関係事業団体に対して雇用維持などへの協力を要請した。
 要請では新型コロナウイルス感染症の影響により、経済全般にわたって甚大な影響をもたらしていることを踏まえ、政府は108兆円の経済対策を講じる。 関係団体では、これらの施策も活用してもらうとともに、とくに急激な事業変動の影響を受けやすい有期契約労働者、パートタイム労働者および派遣労働者ならびに新卒の内定者らなどの雇用維持などに関して適切な配慮を行うよう、求めている。要請内容は次のとおり(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

食肉販売業の振興指針改正、コロナやHACCP対応追加—厚労省

食肉販売業の振興指針改正、コロナやHACCP対応追加—厚労省

 厚労省はこのほど、食肉販売業の振興指針を改正した。これは、食肉小売店など食肉販売業の営業者が食品衛生法などの衛生規制に的確に対応しつつ、現下の諸課題にも適切に対応し、経営の安定および改善を図るため、生衛法に基づき定めているもの。営業者、生...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

京都市食肉青年会が第65回定期総会、新会長に尾崎星二氏を選出

京都市食肉青年会が第65回定期総会、新会長に尾崎星二氏を選出

 京都市食肉青年会(酒井啓全会長)は14日、京都市中京区の京都ホテルオークラで第65回定期総会を開催。令和3年度事業計画案など上程全議案を原案どおり可決し、任期満了に伴う役員改選では尾崎星二氏を新会長に選出した。 総会は木村駿友幹事長の司会...
More

◆製品

More
Return Top