食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

数字でみる食肉産業2020

年鑑

大阪、京都、神戸など関西市場、コロナ問題で生産者らに来場自粛要請

 本紙では関西の食肉市場における新型コロナウイルス感染症のまん延予防に伴う対応についてまとめた。なお、いずれの市場においても、共励会の開催などの延期、変更はみられるものの、せりは通常どおり実施している。
 大阪市中央卸売市場南港市場は、大阪市の指導などもあり13日付の通知として、濃厚接触を避けるため生産者、出荷者の市場見学について自粛を要請。緊急事態制限期間中の対応としている。京都市中央卸売市場第二市場では、せり場など各フロアにアルコール消毒液を用意するほか、関係者にはマスクの着用を要請。また、手すりなどの消毒、洗浄を念入りに実施しているとした。現段階では入場制限は行っていないが、京都府・市に緊急事態宣言が発令されるなどした場合に、対応を変更する可能性があるとした。
 神戸市中央卸売市場西部市場では、13日から濃厚接触を避けるため生産者の入場は本人のみとし、下見室の混雑を回避すべく、生産者には長居を避けて、せりの立ち会いの自粛を要請した。また出荷団体担当者の入場も1人のみとした。下見室・せり場への入場の際の体調、服装確認をより厳格に実施しているとした。
 加古川食肉地方卸売市場では、4月9日付で出荷者、出荷団体に対し、来場の自粛を要請する旨を通知。14日のせりでは来場者の減少がみられたとしている。和牛マスター食肉センター(姫路市食肉地方卸売市場)は、7日付で買参者を除く来場者の自粛を要請。枝肉の確認などについては写真を送るなど要望に応じて対応するとしている。また、来場時には検温を実施し、37度以上の場合は入場辞退を要請している。

◆行政・統計

4月牛肉輸出は258tで前年比3割減、単価5,530円

4月牛肉輸出は258tで前年比3割減、単価5,530円

 財務省貿易統計による4月国産牛肉輸出量は25万7,608kg(前年同月比29.2%減)と、前月に引き続いて前年同月を大幅に下回った。前月比では微増。引き続き新型コロナウイルス拡大が需要に大きく影響したとみられる。輸出先国は合計21カ国・地...
More

◆トレンド

国産鶏肉高値を維持、緊急事態宣言解除も外食回復には時間

国産鶏肉高値を維持、緊急事態宣言解除も外食回復には時間

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除され、社会・経済活動が再開される動きにあるが、感染拡大のリスクと不安は残り、感染防止対策を講じた新しい生活様式や飲食店などの営業を含め、少しずつ進むとみられる。インバウンド需要も依然見...
More

◆国内外の団体

全肉連が総会、新型コロナ対策に注力、HACCP事業更新

全肉連が総会、新型コロナ対策に注力、HACCP事業更新

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、令和2年度通常総会を5月29日、書面決議により開催し、事業報告や事業計画などの議案を原案どおり承認した。任期満了に伴う役員改選では、計21人の理事および3人の監事を選出。正副会長など役付き理事...
More

◆製品

スターゼン佐賀営業所がSQF認証取得、計56カ所に

スターゼン佐賀営業所がSQF認証取得、計56カ所に

 スターゼンは3日、同社の佐賀営業所が食品の安全と品質を確保するシステムである国際規格「SQF(SafeQualityFood)」の認証審査に合格したと発表した。同営業所では、「SQF」認証取得の取り組みを2019年7月から行っていた。 同...
More
Return Top