食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

持続化給付金、補正予算成立後1週間で申請開始、2週間で給付へ

 経産省は、新型コロナウイルス感染症拡大により、とくに大きな影響を受ける事業者(売り上げが前年同月比で50%以上減少)に対して法人で200万円、個人事業者で100万円を上限に、昨年1年間の売り上げからの減少分を支給する「持続化給付金」について、よくある問い合わせに回答する方式で情報発信を行っている。
 それによると、給付額(=売上減少分)の計算方法は「前年の総売上(事業収入)」から、「前年同月比マイナス50%月の売り上げ×12カ月」を差し引いて算出するが、このうち「前年同月比マイナス50%月」の対象期間はいつかとの質問に「2020年1月から2020年12月のうち、2019年の同月比で売り上げが50%以上減少したひと月を、事業者に選択してもらう」と回答。
 申請・給付がいつから始まるかについては「補正予算の成立後、1週間程度で申請受付を開始し、電子申請の場合、申請後2週間程度で給付(申請者の銀行口座に振り込み)することを想定」。申請に必要な情報は「住所や口座番号(通帳の写し〈法人は法人名義、個人事業主は個人名義〉で確認)に加え、法人は(1)法人番号(2)2019年の確定申告書類の控え(3)減収月の事業収入額を示した帳簿等、個人事業主は(1)本人確認書類(2)2019年の確定申告書類の控え(3)減収月の事業収入額を示した帳簿等。なお、(3)については、法人、個人事業主ともに様式は問わない」。申請方法は「WEB上での申請を基本とし、必要に応じ、感染症対策を講じた上で、完全予約制の申請支援(必要情報の入力など)を行う窓口を順次設置する」。このほか、申請に必要な事項の詳細などは、4月最終週をメドに確定・公表するとしている。

◆行政・統計

来年度農水予算概算要求総額は前年度比20%増の2兆7,734億円

来年度農水予算概算要求総額は前年度比20%増の2兆7,734億円

 自民党の農林部会合同会議が党内で開かれ、令和3年度における概算要求(案)などが議論された。それによると、令和3年度概算要求の骨子案として、農林水産予算総額は前年度比20・0%増の2兆7,734億円が提示された。 概算要求の重点事項として、...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連「食肉惣菜創作発表会」、コロナ踏まえ形を変えて実施へ

全肉連「食肉惣菜創作発表会」、コロナ踏まえ形を変えて実施へ

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、令和2年度食肉流通経営体質強化促進事業(食肉流通機能強化推進事業)で実施する「食肉惣菜創作発表会」について、新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、従来とは形を変えて開催することを決定した。...
More

◆製品

伊藤ハム、米久ら「TANPACTプロジェクト」発表

伊藤ハム、米久ら「TANPACTプロジェクト」発表

 明治、伊藤ハム、米久、山崎製パンは24日、東京都中央区の日本橋三井ホールで4社共同による「TANPACTプロジェクト発表会」を開催した。 明治では、日本のタンパク質摂取量の低下や低栄養という社会課題解決に貢献する商品として、いつでも、どこ...
More
Return Top