食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

江藤農相、宮崎県の給食で和牛提供開始、今後16道府県でも

 

 江藤農相は15日の閣議後会見において、宮崎県の学校給食で15日から和牛の提供が開始され、ほかの16道府県でも準備が進められていることを明らかにし、希望する小中学校に速やかに食材を提供していく考えを示した。
 牛肉輸出については「国内だけの事情ではなく、海外の購買していただける国の事情もある。たとえばもう少しのところまでこぎつけた中国とのBSE以降の和牛の再開については、コロナの最中であっても、私としては、目立たない感じではあるがコンタクトは取ってきたつもりだ。世界の緊急事態の解除状況をみると、食に関することについては、率先してベーシックなラインに戻していこうというトレンドがあるようだ。もしかすると、私が思っているよりも早いタイミングで輸出再開が可能になるかもしれない。そういう事態に備えて、いままで付き合いをしていた購買者の方がたとのつながりを絶たないように、商社の方がたとも協力しながら、農水省としても努力していきたい」と語った。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top