食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

江藤農相、宮崎県の給食で和牛提供開始、今後16道府県でも

 

 江藤農相は15日の閣議後会見において、宮崎県の学校給食で15日から和牛の提供が開始され、ほかの16道府県でも準備が進められていることを明らかにし、希望する小中学校に速やかに食材を提供していく考えを示した。
 牛肉輸出については「国内だけの事情ではなく、海外の購買していただける国の事情もある。たとえばもう少しのところまでこぎつけた中国とのBSE以降の和牛の再開については、コロナの最中であっても、私としては、目立たない感じではあるがコンタクトは取ってきたつもりだ。世界の緊急事態の解除状況をみると、食に関することについては、率先してベーシックなラインに戻していこうというトレンドがあるようだ。もしかすると、私が思っているよりも早いタイミングで輸出再開が可能になるかもしれない。そういう事態に備えて、いままで付き合いをしていた購買者の方がたとのつながりを絶たないように、商社の方がたとも協力しながら、農水省としても努力していきたい」と語った。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top