食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

江藤農相、家伝法改正の政令が閣議決定「飼養衛生管理基準の順守を」

 江藤農相は19日の閣議後会見で、家畜伝染病予防法の一部を改正する法律に関連する政令が閣議決定されたことを受けて「改正法の施行日は、原則、本7月1日とすることが決定した。わが国におけるCSFの発生は、本年3月12日を最後に止まってはいるが、依然、警戒が必要だ。また、18日の新型コロナ感染症政府対策本部で、ASF発生国であるベトナムをはじめ、一部地域との国際的な人の往来の再開に向けた段階的措置が承認されたことを踏まえれば、わが国へのASFの侵入への対策に万全を期す必要がある。このため、改正法の趣旨を踏まえていただき、家畜の所有者の皆さまにおいては、飼養衛生管理基準の順守を徹底していただくように、改めてお願いしたい」と関係者に呼びかけ「国としても、飼養衛生管理の向上や悪性伝染病の発生時の迅速な封じ込めのため、関係者間の連携体制の構築を図ってまいりたい。また、水際対策についても、改正法の施行により、家畜防疫官の権限が強化される。輸出入検疫違反の罰金も、個人については300万円、法人については5千万円まで罰金が引き上げられる。さらに、本年7月より検疫探知犬、これを96頭体制とし、携行品と郵便物の検査を一層強化していく。これらにより、わが国への悪性伝染病の病原体の侵入防止を徹底し、家畜の伝染性疾病への対策に万全を期す考えだ」と述べた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top