食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

CSF清浄国再復帰へマーカーワクチン開発など推進—農水省

 農水省の豚熱(CSF)・アフリカ豚熱(ASF)防疫対策本部が1日、省内で開かれ、CSF発生から2年を受け、両疾病をめぐる情勢と今後の対応を確認した。 冒頭、江藤拓農水大臣(写真)があいさつし「平成30年9月の豚熱発生以降、養豚農家とその関係者には飼養衛生管理の徹底にしっかりと取り組んでいただいていることに大変感謝する。発生当初と比べると、飼養衛生管理の水準は高まっていると感じている。また、昨年10月から、順次ワクチン接種を開始し、野生猪対策も併せて、国、都道府県、養豚農家やその関係者一丸となって取り組んできた結果、本年3月の沖縄での発生を最後に、飼養豚で発生はしていない。これは、関係者の尽力があってのことだと考えている。今後も豚熱を発生させないためには、引き続き緊張感をもって、国、都道府県、市町村、養豚農家や関係者が連携して取り組みを維持しなければならない」と述べた。

◆行政・統計

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

 野上浩太郎・新農水大臣(写真)は17日、農水省に初登庁し、就任会見に臨んだ。 会見では冒頭、わが国の農林水産業について「国民に食料を安定的に供給するとともに、食品産業や関連産業とともに地域の経済を支えている。また、高品質な農林水産物は世界...
More

◆トレンド

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

 食肉業界、また関連業界でウイルスを含むメールの拡散が流行しています。取引先や社内の担当者を騙り、一見すると何ら問題ない文面でウイルスを含むWordデータや圧縮ファイルなどを添付して送るという手口です。過去のメールのやりとりに返信する形で送...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top