食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

CSF清浄国再復帰へマーカーワクチン開発など推進—農水省

 農水省の豚熱(CSF)・アフリカ豚熱(ASF)防疫対策本部が1日、省内で開かれ、CSF発生から2年を受け、両疾病をめぐる情勢と今後の対応を確認した。 冒頭、江藤拓農水大臣(写真)があいさつし「平成30年9月の豚熱発生以降、養豚農家とその関係者には飼養衛生管理の徹底にしっかりと取り組んでいただいていることに大変感謝する。発生当初と比べると、飼養衛生管理の水準は高まっていると感じている。また、昨年10月から、順次ワクチン接種を開始し、野生猪対策も併せて、国、都道府県、養豚農家やその関係者一丸となって取り組んできた結果、本年3月の沖縄での発生を最後に、飼養豚で発生はしていない。これは、関係者の尽力があってのことだと考えている。今後も豚熱を発生させないためには、引き続き緊張感をもって、国、都道府県、市町村、養豚農家や関係者が連携して取り組みを維持しなければならない」と述べた。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top