食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

来年度農水予算概算要求総額は前年度比20%増の2兆7,734億円

 自民党の農林部会合同会議が党内で開かれ、令和3年度における概算要求(案)などが議論された。それによると、令和3年度概算要求の骨子案として、農林水産予算総額は前年度比20・0%増の2兆7,734億円が提示された。
 概算要求の重点事項として、(1)生産基盤の強化と経営取得安定対策の着実な実施(2)スマート農業・DX・技術開発の推進、食と農に対する理解と醸成(3)5兆円目標の実現に向けた農林水産物・食品の輸出力強化と高付加価値化(4)農業農村整備、農地集積・集約化、担い手確保・経営継承の推進(5)食の安全と消費者の信頼確保(6)農村漁村の活性化(7)森林資源の適切な管理と林業の成長産業化の実現(8)水産資源の適切な管理と水産業の成長産業化の実現—–の八つの柱が提示され、とくに新型コロナウイルスの影響による対策を考慮した内容となった。
 主な畜産関係の予算組みは、「生産基盤の強化と経営所得安定対策の着実な実施」のうち、畜産生産体制の強化として畜産生産力・生産体制強化対策事業(12億円)、公共牧場機能強化等体制整備事業(2億円)、ICTを活用した畜産経営体の生産性の向上として215億円、畜産環境対策の推進として持続的生産強化対策事業(215億円)、農村漁村地域整備交付金(1,131億円)、草地関連基盤整備として3,983億円、家畜・食肉の流通体制の強化として53億円、畜産・酪農経営安定対策として2,234億円。

◆行政・統計

鳥フルと豚熱、全県的な防疫体制構築を—家畜衛生主任者会議

鳥フルと豚熱、全県的な防疫体制構築を—家畜衛生主任者会議

 農水省は22日、省内で家畜衛生主任者会議を開催し、令和3年度家畜衛生対策などについて協議した。同会議には各農政局、各都道府県、動物検疫所、動物医薬品検査所、農研機構動物衛生研究部門、FAMIC、省内関係部局担当者らなど関係者が参加した。 ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

神戸ビーフ応援CP実施、3千人にコロッケがあたる

神戸ビーフ応援CP実施、3千人にコロッケがあたる

 神戸肉流通推進協議会(森紘一会長)は22日、「神戸ビーフ・但馬牛応援キャンペーン」を4月26日から5月31日の期間、開催すると発表した。期間中、指定登録店で税込3千円以上「神戸ビーフ」「但馬牛」を購入・喫食すると、抽選で3千人に、6個入り...
More

◆製品

More
Return Top