食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

来年度農水予算概算要求総額は前年度比20%増の2兆7,734億円

 自民党の農林部会合同会議が党内で開かれ、令和3年度における概算要求(案)などが議論された。それによると、令和3年度概算要求の骨子案として、農林水産予算総額は前年度比20・0%増の2兆7,734億円が提示された。
 概算要求の重点事項として、(1)生産基盤の強化と経営取得安定対策の着実な実施(2)スマート農業・DX・技術開発の推進、食と農に対する理解と醸成(3)5兆円目標の実現に向けた農林水産物・食品の輸出力強化と高付加価値化(4)農業農村整備、農地集積・集約化、担い手確保・経営継承の推進(5)食の安全と消費者の信頼確保(6)農村漁村の活性化(7)森林資源の適切な管理と林業の成長産業化の実現(8)水産資源の適切な管理と水産業の成長産業化の実現—–の八つの柱が提示され、とくに新型コロナウイルスの影響による対策を考慮した内容となった。
 主な畜産関係の予算組みは、「生産基盤の強化と経営所得安定対策の着実な実施」のうち、畜産生産体制の強化として畜産生産力・生産体制強化対策事業(12億円)、公共牧場機能強化等体制整備事業(2億円)、ICTを活用した畜産経営体の生産性の向上として215億円、畜産環境対策の推進として持続的生産強化対策事業(215億円)、農村漁村地域整備交付金(1,131億円)、草地関連基盤整備として3,983億円、家畜・食肉の流通体制の強化として53億円、畜産・酪農経営安定対策として2,234億円。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

 一般(社)家畜改良事業団はこのほど、30現検後期新規選抜牛の決定に伴い、説明会を開催した。今回選抜された3頭の概要は次のとおり。 [福之鶴(ふくのつる)]BMSの平均が9.8と歴代1位の成績。G育種価においても父「福之姫」をはるかに超える...
More

◆製品

More
Return Top