食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

伊藤ハム、米久ら「TANPACTプロジェクト」発表

 明治、伊藤ハム、米久、山崎製パンは24日、東京都中央区の日本橋三井ホールで4社共同による「TANPACTプロジェクト発表会」を開催した。
 明治では、日本のタンパク質摂取量の低下や低栄養という社会課題解決に貢献する商品として、いつでも、どこでも、おいしく、手軽にタンパク質を摂取できる「TANPACT」シリーズをことし3月に発売し、すべての年代の人が心身ともに健康で安心して暮らせる 「持続可能な社会の実現」を目ざしてきた。
 さらに「TANPACT」シリーズの新たな取り組みとして、「TANPACTプロジェクト」をスタートする。プロジェクト第1弾として、取り組みに賛同する伊藤ハム、米久、山崎製パンがプロジェクトに参画することとなり、今回の共同発表会見が行われた。
 会見には中村高士・明治執行役員マーケティング本部長、山崎貴広・山崎製パン営業統括本部マーケティング部長代理、春名公喜・伊藤ハム執行役員加工食品事業本部事業戦略統括部長兼マーケティング部長、玉井広之・米久執行役員加工事業部長兼マーケティングユニットマネジャー兼販売促進課長、「TANPACT」シリーズでCMキャラクターを務めるタレントの田中みな実さんと飯尾和樹さんらが登壇した。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

 一般(社)家畜改良事業団はこのほど、30現検後期新規選抜牛の決定に伴い、説明会を開催した。今回選抜された3頭の概要は次のとおり。 [福之鶴(ふくのつる)]BMSの平均が9.8と歴代1位の成績。G育種価においても父「福之姫」をはるかに超える...
More

◆製品

More
Return Top