食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

群馬で発生のCSF、野生猪由来のウイルスが間接的に侵入か

 農水省は7日、省内で「第13回拡大CSF疫学調査チーム検討会」を開催。群馬県高崎市の一貫農場で9月26日に発生したCSFの調査について話し合った。動物衛生課の石川清康課長は「これまでは複数の事例をまとめて分析し検討会を開いていたが、ワクチン接種農場での初めてのCSF発生であることや、いち早く現場への情報提供を行うため、1事例だけであるが検討会を開いた」とした。
 それによると、9月3日にワクチン接種した離乳豚の一部において、農場主が飼養豚の下痢と死亡を確認。以前にほ乳豚で確認された浮腫病を疑い治療を実施し、CSFワクチンの接種も延期。9月17日に家畜防疫員が下痢と死亡を確認し、下痢便から寄生虫を確認したことから治療を継続していたが、ワクチン接種を見送った豚群でも死亡が増加し、病性鑑定の結果、陽性と診断された。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top