食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

GoToイートキャンペーン本格的に開始、食肉消費の向上も期待

 国内の観光・飲食などを喚起することで、それら需要の回復・経済復興を目的としたGoToキャンペーンが夏から秋口にかけて開始され、一定の効果がみえてきた。早期に開始されたGoToトラベルは観光庁の利用実績(7月22日〜9月15日)によると、利用人泊数が少なくとも約1689万人泊、割引支援額が少なくとも約735億円となっており、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から社会的な自粛ムードが漂った時期と比べると、大きく需要の喚起につながったように思える。宿泊割引と付随して10月1日から配布された地域共通クーポン(旅行代金の15%相当分)も、現地の飲食店利用や土産の購入に一役買っているようだ。
 農水省管轄であるGoToイートについては、10月1日からオンライン飲食予約による予約サイトポイント還元事業が開始され、プレミアム付き食事券発行事業も新潟県を皮切りに順次各県で食事券の販売が開始される見込みであり、飲食店の需要喚起により食肉の活発な消費が期待されるところ。改めて、GoToイートの2事業について概要を解説する(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

食肉販売業の振興指針改正、コロナやHACCP対応追加—厚労省

食肉販売業の振興指針改正、コロナやHACCP対応追加—厚労省

 厚労省はこのほど、食肉販売業の振興指針を改正した。これは、食肉小売店など食肉販売業の営業者が食品衛生法などの衛生規制に的確に対応しつつ、現下の諸課題にも適切に対応し、経営の安定および改善を図るため、生衛法に基づき定めているもの。営業者、生...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

京都市食肉青年会が第65回定期総会、新会長に尾崎星二氏を選出

京都市食肉青年会が第65回定期総会、新会長に尾崎星二氏を選出

 京都市食肉青年会(酒井啓全会長)は14日、京都市中京区の京都ホテルオークラで第65回定期総会を開催。令和3年度事業計画案など上程全議案を原案どおり可決し、任期満了に伴う役員改選では尾崎星二氏を新会長に選出した。 総会は木村駿友幹事長の司会...
More

◆製品

More
Return Top