食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

神戸市場が銘柄和牛共進会、神戸ビーフフェスタの2大会を開催

 「第11回神戸市西部市場銘柄和牛共進会」(主催=同実行委員会)が10月9日に、また第1回「THE KOBE BEEF FESTA 2020」(神戸中央畜産荷受(株))が12日に、神戸市中央卸売市場西部市場で開催された。
 銘柄和牛共進会(上段写真)は、神戸市場最大級の共進会で、全国各地の銘柄和牛が一同に介し、その出来栄えを競うもの。神戸ビーフフェスタは今回初めて開催され、銘柄共とは別に、神戸ビーフ・但馬牛に特化した品評会。
 今回、銘柄共で栄えある名誉賞・農林水産大臣賞に輝いたのは、鳥取県の(株)うしぶせファーム出品牛。同牛はそのあとのせりでキロあたり6,505円の最高値で、同じ鳥取県の(株)はなふさが落札した。また、神戸ビーフフェスタは太田克典さんが名誉賞・神戸市長賞を受賞。こちらはグループの(有)太田家がキロあたり6,600円で落札した。
 銘柄共には山形県、福島県、愛知県、三重県、奈良県、兵庫県、鳥取県、岡山県、島根県、山口県、香川県、徳島県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県の20県が出品。雌88頭、去勢12頭の計100頭が出品された。また、神戸ビーフフェスタは入賞牛を、選抜した候補牛の中から主だった買参者の投票で決定するという新しい試みを実施。今回、投票の結果、太田さん出品牛が名誉賞に選出された。どちらの品評会も多数の購買者が詰めかけ、コロナ禍ではあるがせりは活気を帯び、販売単価に回復がみられた。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top