食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

韓国の養豚場でASFが1年ぶり発生、江原道で15・16例目

 農水省によると、韓国でのアフリカ豚熱(ASF)発生は飼養豚で9日に15例目、11日に16例目が江原道の農場で確認された。同国では、昨年の9月17日の初発生のあと約2カ月間発生が続いたが、昨年10月9日の14例目以降飼養豚では確認されず、ちょうど1年ぶりの発生となった。
 また、発生地域はこれまでの京畿道、仁川広域市と同様に北朝鮮の国境近くの江原道。江原道では野生猪での発生は確認されていたが、今回、飼養豚で初めて確認され、拡大が懸念される。10月11日現在で同国での発生数は累計774件、このうち豚が16件、野生猪が758件となっている。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

牛モツ入り鍋スープなど、エスフーズが秋冬新商品発表

牛モツ入り鍋スープなど、エスフーズが秋冬新商品発表

 エスフーズはこのほど2021年秋冬の新製品・リニューアル商品を発表した。いずれも8月下旬から発売開始している。 新商品は「旨美鍋」(うまみなべ)シリーズ。同社の定番商品である「こてっちゃん牛もつ鍋」同様、具入りの鍋スープだが、このシリーズ...
More
Return Top