食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

韓国の養豚場でASFが1年ぶり発生、江原道で15・16例目

 農水省によると、韓国でのアフリカ豚熱(ASF)発生は飼養豚で9日に15例目、11日に16例目が江原道の農場で確認された。同国では、昨年の9月17日の初発生のあと約2カ月間発生が続いたが、昨年10月9日の14例目以降飼養豚では確認されず、ちょうど1年ぶりの発生となった。
 また、発生地域はこれまでの京畿道、仁川広域市と同様に北朝鮮の国境近くの江原道。江原道では野生猪での発生は確認されていたが、今回、飼養豚で初めて確認され、拡大が懸念される。10月11日現在で同国での発生数は累計774件、このうち豚が16件、野生猪が758件となっている。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top