食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

飼料流通合理化へ共同輸送など、農水省検討会中間まとめ、新事業も

 農水省の「飼料流通の合理化に関する検討会」がこのほど中間取りまとめを行い、報告書をまとめた。報告書では、共同物流など改善の方向性を提示。同省はこれを踏まえ、来年度予算概算要求で新たに「飼料流通合理化事業」(概算要求額3億円)を盛り込み、共同輸送など飼料輸送の効率化・標準化に資する実証などの取り組みを支援する。
 畜産の生産コストで飼料費は3〜6割を占め、コスト削減の場面で重要な課題となっており、配合飼料価格の低減などに取り組まれている。一方、飼料の運賃は輸送形態や輸送距離によって異なるが、生産者が支払う配合飼料代金のおおむね1割を占めており、飼料流通を合理化し、安定的な飼料輸送を確保するとともに、飼料コスト上昇の抑制に資するようにすることが畜産経営の発展においても重要な課題だ。加えて近年、トラックドライバーの不足で輸送費が上昇傾向で推移。飼料輸送では、特殊車両(バルク車)が使用されるとともに、トラックドライバーが飼料タンクへ上り納品するという高所作業や農場搬入時の車両消毒など特有の付帯作業があるため、他の品物の輸送業務と比較し、担い手確保がむずかしい状況にある。このため、飼料輸送を行うトラックドライバーの減少は、他の品物を輸送するトラックドライバー以上に深刻化する可能性があり、将来の輸送費の一層の上昇だけでなく、飼料輸送が困難になった生産者の廃業につながる懸念もある。これまで、配合飼料メーカー、卸売業者、運送業者、生産者などの関係者は、飼料輸送コストの上昇に対して各自が独自の対策を実施してきていたが、同省は6月に同検討会を設置。畜産部飼料課長のもとに関係者が一堂に会して飼料流通の合理化に向けた方策を検討することとし、9月までに3回の会合を開き、中間取りまとめとして検討結果をまとめたもの。

◆行政・統計

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

 農水省はこのほど、2020年農林業センサス結果の概要(確定値)を取りまとめ、公表した。それによると、令和2年2月1日現在で、全国の肉用牛飼養経営体数は4万78経営体となり、5年前に比べ21.4%(1万896経営体)減、飼養頭数は225万8...
More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

 農畜産業振興機構が発表した3月分の豚肉需給動向によると、推定出回り量は15万5,103t(前年同月比6.9%増)と前年を上回った。このうち、国産品は8万2,627t(6.6%増)、輸入品は7万2,476t(7.2%増)と、ともに増加した。
More

◆製品

More
Return Top