食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

日本食肉年鑑

飼料流通合理化へ共同輸送など、農水省検討会中間まとめ、新事業も

 農水省の「飼料流通の合理化に関する検討会」がこのほど中間取りまとめを行い、報告書をまとめた。報告書では、共同物流など改善の方向性を提示。同省はこれを踏まえ、来年度予算概算要求で新たに「飼料流通合理化事業」(概算要求額3億円)を盛り込み、共同輸送など飼料輸送の効率化・標準化に資する実証などの取り組みを支援する。
 畜産の生産コストで飼料費は3〜6割を占め、コスト削減の場面で重要な課題となっており、配合飼料価格の低減などに取り組まれている。一方、飼料の運賃は輸送形態や輸送距離によって異なるが、生産者が支払う配合飼料代金のおおむね1割を占めており、飼料流通を合理化し、安定的な飼料輸送を確保するとともに、飼料コスト上昇の抑制に資するようにすることが畜産経営の発展においても重要な課題だ。加えて近年、トラックドライバーの不足で輸送費が上昇傾向で推移。飼料輸送では、特殊車両(バルク車)が使用されるとともに、トラックドライバーが飼料タンクへ上り納品するという高所作業や農場搬入時の車両消毒など特有の付帯作業があるため、他の品物の輸送業務と比較し、担い手確保がむずかしい状況にある。このため、飼料輸送を行うトラックドライバーの減少は、他の品物を輸送するトラックドライバー以上に深刻化する可能性があり、将来の輸送費の一層の上昇だけでなく、飼料輸送が困難になった生産者の廃業につながる懸念もある。これまで、配合飼料メーカー、卸売業者、運送業者、生産者などの関係者は、飼料輸送コストの上昇に対して各自が独自の対策を実施してきていたが、同省は6月に同検討会を設置。畜産部飼料課長のもとに関係者が一堂に会して飼料流通の合理化に向けた方策を検討することとし、9月までに3回の会合を開き、中間取りまとめとして検討結果をまとめたもの。

◆行政・統計

0年牛と畜合計105万頭で前年比0.8%増、豚は2.3%増

0年牛と畜合計105万頭で前年比0.8%増、豚は2.3%増

 農水省まとめによる令和2年12月の食肉流通統計がこのほど公表され、2020年内の同統計が出そろった。本紙ではこれらをもとに、20年次(1〜12月累計)の牛.豚.馬肉の生産数量を試算した。 それによると、牛の合計と畜頭数は105万1,755...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

家庭内消費伸び微増を確保—昨年12月の食肉加工品生産量

家庭内消費伸び微増を確保—昨年12月の食肉加工品生産量

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、令和2年12月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は5万629t(前年同月比0.7%増)の微増となった。昨年後半は業務用の需要不振で、家庭消費が伸びているのに全体の生産量が...
More

◆製品

丸大食品、6月下旬に佐藤勇二氏が新代表取締役社長に就任

丸大食品、6月下旬に佐藤勇二氏が新代表取締役社長に就任

 丸大食品は22日、役員人事、組織変更を発表した。概要は次のとおり [代表取締役の異動](21年6月下旬予定)代表取締役社長(常務執行役員)佐藤勇二〈写真〉▽特別顧問(代表取締役社長)井上俊春〈※6月下旬開催予定の定時株主総会および同株主総...
More
Return Top