食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

CSFワクチン接種東北に拡大、養豚協が種豚流通への影響調査

 一般(社)日本養豚協会(JPPA)は、CSFワクチン接種地域拡大に伴って種豚生産者に緊急アンケートを行い、集計結果をまとめた。8月31日に福島県がワクチン接種推奨地域となったことに伴い、種豚生産農場をもつ企業・個人生産者・試験場など62カ所に対し実施。種豚生産農場が多い東北地方でCSFワクチン接種を実施することにより、種豚流通、ひいては肉豚の生産にどのような影響があるかを調査するために行ったもの。
 そのあと、福島県でCSF陽性猪が発見されたことから、ワクチン接種推奨地域は山形県、宮城県にも拡大している。東北地方にはGP・GGP農場が多く、ワクチン接種推奨地域が今後さらに拡大すれば、非接種地域にも種豚や精液の流通において影響を及ぼすものとなる。調査では、ワクチンを接種している生産者の7割が非接種地域への供給ができないことや輸送コスト増などの影響が出ているとし、また6割の生産者がいままでどおりに種豚・精液を供給できないとするなど問題が浮き彫りとなった。東北での接種拡大でさらに問題が深刻化することが懸念される。
 アンケートは、東北地方の種豚生産者を中心として、育種・改良部会、国産純粋種豚改良協議会、各県試験場など種豚生産にかかわる生産者、団体など62件に対して実施し、37件の回答を得て集計結果をまとめた(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

宮崎県都農町で日向市に続き鳥インフル、香川県でも

宮崎県都農町で日向市に続き鳥インフル、香川県でも

 農水省は2日、宮崎県都農町の肉用鶏農場(約3万羽)でことし国産12例目の高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたことを公表した。同県では日向市に次ぐ2例目の発生であり、すでに飼養鶏約3万羽を殺処分した。なお、日向市で確認された11例...
More

◆トレンド

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

 いよいよ年末商戦を控えた12月がやってくる。しかし、ことしの年末は経験したことがない例外的な年末を迎えており、この先の予測は誰にも分からない。食肉需要もこうした外的要因に加えて、行政による施策や事業者の思惑などが絡み、状況は複雑さを増して...
More

◆国内外の団体

JA全農長野共進会、安塚さん出品牛が最優秀賞、大国屋が購買

JA全農長野共進会、安塚さん出品牛が最優秀賞、大国屋が購買

 JA全農長野県本部は1日、大阪市中央卸売市場南港市場で第73回共進会を開催。「信州プレミアム牛」をはじめとする、県内からえりすぐられた黒毛和牛48頭が出品され、厳正な審査の結果、安塚益雄さんの出品牛が最優秀賞を獲得した。 最優秀賞に輝いた...
More

◆製品

More
Return Top