食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

CSFワクチン接種東北に拡大、養豚協が種豚流通への影響調査

 一般(社)日本養豚協会(JPPA)は、CSFワクチン接種地域拡大に伴って種豚生産者に緊急アンケートを行い、集計結果をまとめた。8月31日に福島県がワクチン接種推奨地域となったことに伴い、種豚生産農場をもつ企業・個人生産者・試験場など62カ所に対し実施。種豚生産農場が多い東北地方でCSFワクチン接種を実施することにより、種豚流通、ひいては肉豚の生産にどのような影響があるかを調査するために行ったもの。
 そのあと、福島県でCSF陽性猪が発見されたことから、ワクチン接種推奨地域は山形県、宮城県にも拡大している。東北地方にはGP・GGP農場が多く、ワクチン接種推奨地域が今後さらに拡大すれば、非接種地域にも種豚や精液の流通において影響を及ぼすものとなる。調査では、ワクチンを接種している生産者の7割が非接種地域への供給ができないことや輸送コスト増などの影響が出ているとし、また6割の生産者がいままでどおりに種豚・精液を供給できないとするなど問題が浮き彫りとなった。東北での接種拡大でさらに問題が深刻化することが懸念される。
 アンケートは、東北地方の種豚生産者を中心として、育種・改良部会、国産純粋種豚改良協議会、各県試験場など種豚生産にかかわる生産者、団体など62件に対して実施し、37件の回答を得て集計結果をまとめた(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉相場は年内強もちあいか、輸入ビーフの現地高続く

牛肉相場は年内強もちあいか、輸入ビーフの現地高続く

 9月は20日、23日の2度の祝日を迎える今週が消費のピークと思われ、それに向けて手当てが進められた。曜日の並びとしてはそこまで良くはないが、コロナ感染が拡大していた盆休を避け、この時期に旅行や帰省を行う人もいるとみられることから、大幅な消...
More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top