食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

日本食肉年鑑

国産鶏肉ひっ迫しモモ・ムネ計1千円超、需要期に鳥フル拡大

 鶏肉の最大需要期である12月。国産は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う高い内食・小売店向け需要に加え、野菜の安値も相まって鍋訴求が進み、強い引き合いとなっている。一方、冷凍在庫の不足に加え、鳥インフルエンザの発生に歯止めがかからず、供給面での厳しさが増している。そうした中、生鮮物の卸売価格はジリ高が続き、今週初めにモモがキロあたり689円、ムネは314円、合計のコスト相場は2㎏あたり1千円を超えた。今後、需要のピークであるクリスマス、年末に向け、とくにモモは上昇が続き700円絡みとさらなる高水準が考えられる。輸入物は不足する国産の代替需要が思ったほど進まず、外食需要も再び停滞し荷動きが鈍化。年末手当ても落ち着き、厳しい状況となっていくか。
 国産の需給動向をみると、生産量は農畜産業振興機構の需給予測によると、12月は前年同月比3.1%増の予測だが、鳥フルの発生が止まらず、下方修正の可能性が高い。16日現在、家禽飼養農場での発生は香川、福岡、兵庫、宮崎、奈良、広島、大分、和歌山、岡山、滋賀、高知の11県で計28事例。西日本を中心に広がっている状況。一大産地である宮崎県での発生が相次ぎ、殺処分に加えて移動・搬出制限による供給への影響も心配されたが、制限区域内には処理場があり、そこで処理され商品化されたものはエリア外に流通できるため、大きな影響はないとみられている。ただ、これまでにコロナ禍の中で量販店を中心に強い引き合いが続き、冷凍在庫がほとんどない状況。鍋需要の強いモモ、手羽モト、加工需要が堅調なムネを中心にほぼ全部位が品薄となっており、これに産地での鳥フル発生が加わり、不足感が一層増している。

◆行政・統計

畜産課長会議を開催、各課が来年度予算などを説明—農水省

畜産課長会議を開催、各課が来年度予算などを説明—農水省

 農水省は22日、各都道府県の畜産担当者や地方農政局、畜産関係団体などの関係者がオンラインで参加する中、令和2年度全国畜産課長会議を開催。各課の令和3年度予算などについて説明した。 食肉鶏卵課は、家畜・食肉の流通体制の強化(予算概算決定額=...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連が22日から「2月9日はお肉の日」キャンペーン展開

全肉連が22日から「2月9日はお肉の日」キャンペーン展開

 11都府県で新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が再発令される中、家庭での食肉消費の需要喚起に向け、全国食肉事業協同組合連合会およびJA全農などは1月22日から2月11日まで「2月9日はお肉の日」キャンペーンを展開する。全肉連は、...
More

◆製品

More
Return Top