食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

養鶏場の飼養衛生管理状況調査、約1割が遵守できていない状況

 農水省は18日、省内で高病原性鳥インフルエンザの飼養衛生管理状況確認結果について報告した。
 12月7日に農水大臣より全国一斉の点検をするように指示され、各都道府県を通じて全国の採卵用養鶏場、肉用養鶏場、アヒルやうずら、七面鳥などを飼育するその他の家禽農場が自己点検したもので、点検項目は鳥インフルエンザの発生農場を疫学調査した際、とくに飼養衛生管理基準の項目で守られていなかった「衛生管理区域に立ち入る者の手指消毒など」「衛生管理区域専用の衣服および靴の設置、使用」「衛生管理区域に立ち入る車両消毒など」「家禽舎に立ち入る者の手指消毒など」「家禽舎ごとの専用の靴の設置および使用」「野生動物の侵入防止のためのネットなどの設置、点検および修繕」「ねずみおよび害虫の駆除」の7つの項目をピックアップした。
 これらの遵守項目をそれぞれの都道府県でマルバツの2択で各農家が自己点検し、その結果、どの項目をみても1割前後は遵守されていない状況にあることがわかった。遵守率の高い項目は「衛生管理区域に立ち入る者の手指消毒など」と「ねずみおよび害虫の駆除」であるが、一方で遵守率の低い項目は「家禽舎ごとの専用の靴の設置および使用」だった。
 このうち、全国の肉用養鶏場の遵守率をみてみると、「衛生管理区域に立ち入る者の手指消毒など」が95%、「衛生管理区域専用の衣服および靴の設置、使用」が89%、「衛生管理区域に立ち入る車両消毒など」が86%、「家禽舎に立ち入る者の手指消毒など」が92%、「家禽舎ごとの専用の靴の設置および使用」が93%、「野生動物の侵入防止のためのネットなどの設置、点検および修繕」が90%、「ねずみおよび害虫の駆除」が97%。「衛生管理区域に立ち入る車両消毒など」の項目がもっとも低い水準になった。.

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top