食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

養鶏場の飼養衛生管理状況調査、約1割が遵守できていない状況

 農水省は18日、省内で高病原性鳥インフルエンザの飼養衛生管理状況確認結果について報告した。
 12月7日に農水大臣より全国一斉の点検をするように指示され、各都道府県を通じて全国の採卵用養鶏場、肉用養鶏場、アヒルやうずら、七面鳥などを飼育するその他の家禽農場が自己点検したもので、点検項目は鳥インフルエンザの発生農場を疫学調査した際、とくに飼養衛生管理基準の項目で守られていなかった「衛生管理区域に立ち入る者の手指消毒など」「衛生管理区域専用の衣服および靴の設置、使用」「衛生管理区域に立ち入る車両消毒など」「家禽舎に立ち入る者の手指消毒など」「家禽舎ごとの専用の靴の設置および使用」「野生動物の侵入防止のためのネットなどの設置、点検および修繕」「ねずみおよび害虫の駆除」の7つの項目をピックアップした。
 これらの遵守項目をそれぞれの都道府県でマルバツの2択で各農家が自己点検し、その結果、どの項目をみても1割前後は遵守されていない状況にあることがわかった。遵守率の高い項目は「衛生管理区域に立ち入る者の手指消毒など」と「ねずみおよび害虫の駆除」であるが、一方で遵守率の低い項目は「家禽舎ごとの専用の靴の設置および使用」だった。
 このうち、全国の肉用養鶏場の遵守率をみてみると、「衛生管理区域に立ち入る者の手指消毒など」が95%、「衛生管理区域専用の衣服および靴の設置、使用」が89%、「衛生管理区域に立ち入る車両消毒など」が86%、「家禽舎に立ち入る者の手指消毒など」が92%、「家禽舎ごとの専用の靴の設置および使用」が93%、「野生動物の侵入防止のためのネットなどの設置、点検および修繕」が90%、「ねずみおよび害虫の駆除」が97%。「衛生管理区域に立ち入る車両消毒など」の項目がもっとも低い水準になった。.

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top