食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

牛肉マーケット・想定を上回る国産牛の堅調相場は3月も続くか

 緊急事態宣言の解除について、関東4府県では延期が決まった。厳しい情勢にあるが、前月2月の牛枝肉相場は、2019年のコロナ前の水準まで回復しているといえるほどの高値傾向となった。末端販売では、量販店の売れ筋であるブリスケ、チマキといった切り落としや、ミンチ用の低価格部位中心の荷動きで、ロース、ヒレといった高単価部位の荷動きは悪く、実勢とのかい離もみられる。
 ただ、緊急事態宣言の発令により、事実上1回転程度しか営業できない焼き肉店だが、客足自体は悪くないようだ。焼き肉チェーンについては、フードサービス協会発表の「外食産業市場動向調査」によると、1月度データは前年の68.0%にとどまってはいるが、こちらも完全に客足が離れたわけではない。そして3月はまだ始まったばかりではあるが、出だしは非常に堅調な相場で推移している。東京市場相場をみると、和牛A5等級がキロあたり2,800〜3千円、A4が2,500〜2,600円、A3が2,300〜2,400円となっている。交雑牛についてもB3が1,400〜1,500円と高値だ。和牛肉保管在庫支援緊急対策事業は年度内に請求する必要があるため、キロあたり1千円(部分肉ベース)補助についての申請は、1カ月間の要冷凍期間を加味すると、3月に購入したものについては適用できない。令和3年度からは850円と金額は下がるが、実施している事業者にとってはそれでも恩恵が続く。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top