食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

石垣牛流通協議会設立総会、植村光一郎氏が会長に就任

 日本最南端の銘柄牛「石垣牛」の振興と向上を図り、ブランド保持、高揚および全国へ消費拡大を促進することを目的に、石垣牛流通協議会の設立総会が4日、東京都千代田区の都道府県会館で開催された。総会は新型コロナウイルス感染対策に万全を期し、50人の参加者に対してソーシャルディスタンスを保つために160人収容の会場で行われ、参加者は記念撮影時を除いてマスク、フェイスシールドを着用し、消毒を徹底。第1部では発起人総会、第2部では令和3年度総会を開催し、石垣牛の流通・販売などの検討および実施や積極的な認知活動の実施などの事業計画、運営役員選任、チェックオフ制度導入など全議案が承認された。同協議会の運営は業種代表の理事会(流通事業者)によって行われる。会員は高級百貨店、専門店、高級量販店、通信販売事業者、ホテル・旅館業、外食事業者、食肉卸売業、食肉処理事業者、顧問・アドバイザーの各代表者。会長には食肉卸売業を代表し、(株)ニイチク取締役の植村光一郎氏が就任した。
 発起人を代表してあいさつしたニイチクの山田彰男社長は「食肉業界はこれまでもBSE、O157、口蹄疫、東日本大震災原発事故などがあり、現在はコロナによる自粛経済の荒波の中で経営のかじ取りが求められている。こうした中でいつも感じるのは、生産から消費者に届く物流は一方通行が多く、情報共有が希薄だということ。これは川上の生産者にとって重い負担だ」と指摘。「石垣牛の生産維持、増頭のために流通機構を構築し、販売者と連携をとり、肥育部会にフィードバックしていきたい」と述べた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top