食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

参院TPP特別委、安倍首相「きびしい状況、引き続き重要性発信」

 参議院のTPP特別委員会が14日に開かれ、TPPについて総括的質疑が行われた。安倍晋三首相はTPP発効がきびしい状況となってきたとの認識を示しつつも、引き続きTPPの重要性を発信していく考えを示した。
 特別委で民進党の小川勝也議員はTPP発効の可能性が低下したのではないかと質疑。これに対し安倍首相は「実際、きびしい状況になってきたと認識している。しかしそれで、これは終わったのかといえば決して終わっていない。他の12カ国のリーダーと話しているが、TPPの方向性について、アジア太平洋地域の発展に大きな意義があり、有益と認識していて、なんとか推進していきたいとの決意は私も他の国のリーダーも変わらないと思う」と述べ、今後について「保護主義がまん延しようとしているいまこそ、この審議の場を通じて、しっかりとこの必要性、重要性を発信する中で、わが国の意思を示していくことが大切だろう。わが国が意思を示すことができなければ、TPPは完全に終わってしまうと思っている」と答弁した。

◆行政・統計

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

 野上浩太郎・新農水大臣(写真)は17日、農水省に初登庁し、就任会見に臨んだ。 会見では冒頭、わが国の農林水産業について「国民に食料を安定的に供給するとともに、食品産業や関連産業とともに地域の経済を支えている。また、高品質な農林水産物は世界...
More

◆トレンド

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

 食肉業界、また関連業界でウイルスを含むメールの拡散が流行しています。取引先や社内の担当者を騙り、一見すると何ら問題ない文面でウイルスを含むWordデータや圧縮ファイルなどを添付して送るという手口です。過去のメールのやりとりに返信する形で送...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top