食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

東京市場初の豚枝共、名誉賞は単価7,740円で東総食肉C購買

 東京食肉市場で9〜11日にかけ、平成28年度農林水産祭参加「東京食肉市場豚枝肉共励会」が開催され、全国から1千頭の豚枝肉が出品された。厳正なる審査の結果、栄えある名誉賞には(有)スカイミートの出品豚(78.0kg)が輝き、セリでは東総食肉センター(株)がキロ単価7,740円で購買。また、最優秀賞の(有)常陸牧場出品豚(78.0kg)は単価5,023円で東総食肉センターが、同じく最優秀賞の(有)ケイアイファウム出品豚(75.0kg)は単価3,944円で大進畜産(株)がそれぞれ購買した。
 同共励会は、肉豚生産の技術改善および経営発展の意欲の高揚をはかり、地域経済の発展と共に消費者への豚肉の安定供給を資することを目的に、一般社団法人東京食肉市場協会(小川一夫社長)が主催、東京食肉市場(株)が協賛・開催に係わる作業を受け持っており、豚肉では初めて市場が主催する共励会となった。セリ前日に生産者や購買者などを招いて行われた懇親会では東京食肉市場(株)の狩谷哲夫専務が日頃の出荷・購買に感謝の言葉を述べたほか、翌日のセリで素晴らしいクライマックスを迎えられるよう三本締めが行われた。また、セリ場では開始を前に池亀秀美常務が、初の共励会が盛大に開催されたことについて、改めて感謝の言葉を述べた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top