食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

米国産牛肉SG発動、18日から30日間、関税38・5%に引き上げ

 農水省は17日、日米貿易協定に基づく牛肉のセーフガード(SG)発動について発表した。令和2年4月から令和3年3月上旬までの日米貿易協定税率の適用を受ける牛肉(日米貿易協定適用牛肉)の輸入数量が24万2229tとなり、同協定に定められた令和2年度の輸入基準数量(24万2千t)を超過したため、関税暫定措置法の規定に基づき、令和3年3月18日から4月16日までの30日間、SGを発動する。SGの発動は、前回、冷凍牛肉で平成29年8月から30年3月末まで実施されて以来、約3年8カ月ぶり。日米貿易協定下では初めてとなる。
 SG発動で関税率は、牛肉(生鮮・冷蔵および冷凍)について現行の25.8%から、協定発効前の38・5%へと引き上げる。また、牛くず肉(ホホ肉および頭肉、生鮮・冷蔵および冷凍)は現行34.7%が、発動後同様に38.5%となる。
 日米貿易協定に基づく牛肉SGは、同協定適用牛肉の輸入数量が協定に定められた輸入基準数量を超過した場合、一定の水準まで関税率を引き上げる措置。年度の初日(4月1日)から旬ごと(上旬=1日から10日まで、中旬=11日から20日まで、下旬=21日から月末日まで)に輸入数量を計上。輸入数量が輸入基準数量を超過した旬の終了後から5執務日目の翌日に発動する。発動期間は、4月から翌年1月までの各月の輸入数量で超過した場合は45日間、3月までの輸入数量で超過した場合は30日間とされている。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top