食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

コロナ禍で養豚はプラス幅拡大—日本公庫が農業景況調査

 日本政策金融公庫農林水産事業は15日、肉用牛・養豚・ブロイラーなどを含むスーパーL資金または農業改良資金の融資を担う農業者を対象に「農業景況調査」を実施した。今回の調査では定例の景況調査にくわえ、新型コロナウイルス感染拡大による影響についての調査も実施。調査時期は令和3年1月、回答数は5,786件(うち肉用牛390、養豚199、ブロイラー79)
 令和2年の農業景況DI(動向指数)は、前年実績6.0から30.9ポイント低下。さらに、3年の見通しは7.5ポイント低下のマイナス32.4と大幅に低下するとした。それに対し、養豚は元年マイナス4.1、2年44.3ポイントと大きく上昇した。収支DIに関しても、農業全体がマイナス値(肉用牛はマイナス48.4)となる一方、養豚は前年マイナス7.8から47.0と大きく上昇した。農業全体の資金繰りDIは前年から16.7ポイント低下のマイナス16.3、販売単価DIは前年から35.3ポイント下回りマイナス42.2と大幅に下がる中、ブロイラーはプラスを維持。養豚は、資金繰りDIが前年から35.4ポイント上昇、販売単価DIは77.3ポイントアップとプラス幅が拡大した。生産コストDIは全業種で依然マイナス値が続いている。雇用状況DIはマイナス34.9から2.9ポイント上昇したが、こちらも引き続きマイナス値となった。設備投資額の見込みに関しては、「増加する」が48.8%と、「同程度」と合わせると82.8%となり、総じて積極的な姿勢がうかがえる。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top