食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

コロナに伴う食肉の食生活・購買行動変化—消費センターが調査

 公益(財)日本食肉消費総合センターは、令和2年度「食肉に関する意識調査」報告書を取りまとめた。消費者の食肉の購買状況や意識などを調べ、国産食肉の安全・安心につながる要因を明らかにするもの。調査は昨年10月下旬にインターネットで実施し、1,800人からアンケートの回答を得た。
 今回の調査では、「新型コロナウイルス感染症」の流行に伴う食肉(牛肉、豚肉、鶏肉)にかかわる食生活・購買行動の変化を把握し、消費者意識の変化を探ることを目的とした考察を実施。コロナの流行により、昨年のいまごろと比べ、食肉(牛肉、豚肉、鶏肉)の購入や調理、中食や外食など食生活の変化を尋ねたところ、「外食の機会が減った」が43.2%で最も多く、次いで「自宅で食事する機会が増えた」35.4%、「食肉の購入回数を減らして、まとめて購入するようになった」27.5%、「家族そろって食事する機会が増えた」15.0%、「簡単.時短の肉料理をつくるようになった」11.9%、「持ち帰り・テイクアウトの利用が増えた」11.5%の順で多い結果となった。一方、「とくにない」も31.1%あり、食生活や購買行動に変化がない人が3分の1いる。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top