食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

牛肉SG、米国と発動水準見直し協議へ日程調整—野上農相 

 野上浩太郎農水大臣は19日の閣議後会見で、米国産牛肉へのセーフガード(SG)の発動について、消費現場への影響を問われ、「消費者への販売価格に転嫁されるかに関しては、事業者ごとの対応が異なるものと承知しているため、一概には答えることはできないが、発動期間が30日間であること、発動時の税率は2020年1月の日米貿易協定発効前の税率に戻ることから、国民生活に大きな影響があるとは考えにくい」と述べた。また、発動後10日以内に発動水準の協議を始めることに関しての具体的な協議開始時期とどのような内容になるのかとの質問には、「日米貿易協定の交換公文では、発動基準の協議をSG措置がとられたあと、10日以内に開始することとなっており、具体的な協議の日程は今後調整する」と回答した。さらに、日米間での発動基準数量の見直し協議にどういった姿勢で臨んでいくかという質問に対しては、「関係省庁で連携して国内関係者の理解が得られるように協議していきたい」と述べた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top