食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

日米間で牛肉SG発動基準の協議開始、今回発動の情報を共有

 日米貿易協定に基づく牛肉セーフガード(SG)に関する協議が25日、開始された。18日にわが国で米国産牛肉に対するSG措置が取られたことを受け、日米間で実施されたもの。農水省の発表によると、第1回協議は25日21時ごろ、オンラインで行い、日本側は農水省の水野正義国際部長、内閣官房TPP等政府対策本部の宇山智哉企画・推進審議官、外務省の田島浩志経済局審議官ら、米国側は通商代表部のジュリー・カラハン通商代表補(農業担当)らが出席した。
 両国は、昨年4月からことし3月上旬までの日米貿易協定税率の適用を受ける牛肉の輸入数量が24万2,229tとなり、同協定に定められた令和2年度の輸入基準数量(24万2千t)を超過したため、18日から30日間、SGを発動することになったことなど、今回の発動にかかわる情報を共有するとともに、協定に沿って発動基準の見直しについて引き続き協議していくことを確認した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top