食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

さらなる輸出拡大へ、農水省が本部会合開き基本方針と実行計画変更

 農水省は9日、省内で「農林水産物・食品輸出本部会合(第3回)」を開催し、農林水産物および食品の輸出促進に関する基本方針と実行計画の変更について議論したほか、同本部の取組状況を確認した。 
 冒頭、野上浩太郎農林水産大臣があいさつで「農林水産物食品の輸出額は2012年度4497億円から昨年度は9217億円と2倍以上に増加し、8年連続で過去最高記録を更新した。これに少額貨物を加えた輸出額は9860億円となった。新型コロナウイルスの影響もある中で、世界各国の食料消費が外食から国内消費へシフトする動きをとらえた結果であると考えており、引き続き困難な中にあっても積極果敢に輸出に挑戦する事業者の取り組みを政府一体となって後押ししていくことが重要」と指摘。25年2兆円、30年5兆円の輸出額目標の達成に向けて、昨年末に農林水産物食品の輸出拡大実行戦略が取りまとめられたことについて、「農林水産物・食品輸出本部として、同戦略に基づき、さらなる輸出拡大を図っていくために、昨年4月に策定した農林水産物および食品の輸出の促進に関する基本方針および実行計画について、同戦略の内容を反映するなどの変更を行うこととする。また、併せて輸出本部の取り組みの進ちょく状況について共有する」とした。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top