食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

「活力あるお肉屋さん」—全肉連が10店舗調査し成功事例集作成

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、農畜産業振興機構の助成を受け、令和2年度食肉流通経営体質強化促進事業の中で、活力ある店舗づくりのための成功事例の収集および調査を実施。全国の食肉小売店の中から、専門店ならではの仕入れ・販売、品ぞろえや商品開発、新しい取り組みなどを推進する計10店舗への取材、専門家による調査を行い、その成果を調査報告書(成功事例集)「活力あるお肉屋さん-顧客満足度を高める店舗展開に向けて」(写真は表紙)として取りまとめた。
 調査した店舗は(1)中山肉店(神奈川県)(2)高島屋 精肉本店(福井県)(3)ビックミート山久 鶴田町店(栃木県)(4)亀山精肉店(宮城県)(5)広江精肉店(茨城県)(6)お肉の専門店 スギモト本店(愛知県)(7)肉のシゲクニ(京都府)(8)いろは精肉店(兵庫県)(9)神戸屋 牛き(漢字は七が三つ)(和歌山県)(10)池口精肉店(広島県)。とくに(1)〜(3)の3店舗については、宮城学院女子大の安部新一名誉教授、東京農大の野口敬夫准教授、宇都宮大の神代英昭准教授の3人の専門家がそれぞれ調査・分析を行い、食肉小売店の活性化、成功に向けたヒントを深掘りした。

◆行政・統計

More

◆トレンド

輸入鶏肉が強気に、タイ産減少・先高感強まり確保の動き

輸入鶏肉が強気に、タイ産減少・先高感強まり確保の動き

 輸入チキンの市中相場は、タイ産を確保する動きが強まり、ブラジル産も巻き込む形で全体的に強含みとなっている。タイで新型コロナウイルスの感染が拡大し、食鳥処理工場などの生産に影響を及ぼし減産となっており、日本向けの供給が少なくなっている。加え...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top