食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

牛肉マーケット、コロナ再拡大を受けてGWのニーズは小売に集中か

 緊急事態宣言が解除されたものの、大阪府が東京都の感染者数を上回るなど、事態は収束するどころか悪化傾向にある。このような中でいよいよ大型連休に入るが、食肉需要はどのように推移するか気がかりな状況だ。今回、牛肉マーケットの見通しとして、牛肉卸売業者、小売店関係者などへのききとりを行い、まとめた。
 卸売業者へのきき取りでは、緊急事態宣言が解除されるなど3月半ば時点の機運は非常に高く、4月に入れば大型連休に向けた仕入れを活発化するといった声が強かった。しかしながら再びコロナが拡大したことで、前週ごろから仕入れを抑制する傾向がみられる。相場自体は関東、関西いずれも基調は強い。和牛肉保管在庫支援緊急対策事業などが依然として高い効果を示しているほか、牛肉輸出の活発化も要因の一つ。
 2021年2月は、前年同月の32.0%増と大幅に伸びた。全体的に伸びているが、香港、台湾、シンガポールなど、コロナが収束しているアジア圏などがとくに輸出拡大傾向にある。アジア向けはロイン系に限らず輸出できるため、余剰部位の発生を抑えられるというメリットもあるが、仮にバラなどが余ったとしてもロインが一定の高値で輸出できれば余剰は問題ないとみており、積極輸出の姿勢は変わらない。和牛ビジネスの拡大をかぎ取ったさまざまな業者の新規参入も増加しており、国内情勢が厳しい中でも、輸出が和牛需給の下支えとなっている。ただ国内飲食店向け販売においては大型連休中も厳しくなるだろう。

◆行政・統計

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

 農水省はこのほど、2020年農林業センサス結果の概要(確定値)を取りまとめ、公表した。それによると、令和2年2月1日現在で、全国の肉用牛飼養経営体数は4万78経営体となり、5年前に比べ21.4%(1万896経営体)減、飼養頭数は225万8...
More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

 農畜産業振興機構が発表した3月分の豚肉需給動向によると、推定出回り量は15万5,103t(前年同月比6.9%増)と前年を上回った。このうち、国産品は8万2,627t(6.6%増)、輸入品は7万2,476t(7.2%増)と、ともに増加した。
More

◆製品

More
Return Top