食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

 農水省はこのほど、2020年農林業センサス結果の概要(確定値)を取りまとめ、公表した。それによると、令和2年2月1日現在で、全国の肉用牛飼養経営体数は4万78経営体となり、5年前に比べ21.4%(1万896経営体)減、飼養頭数は225万8,314頭で1.3%(3万510頭)減少した。豚は2,729経営体で25.7%(944経営体)減、765万7,553頭で2.8%(22万4,063頭)減。ブロイラーは出荷した経営体数が1,600経営体で11.5%(208経営体)減、出荷羽数が5億5,616万100羽で8.6%(5,236万5,900羽)減となった。3畜種いずれも経営体数、飼養・出荷頭羽数が減少した。
 農林業センサスは、わが国の農林業の生産構造、就業構造および農山村などの農林業を取り巻く実態を明らかにするとともに、農林行政の推進に必要な基礎資料を整備することを目的として、全国のすべての農林業経営体等を調査対象として5年ごとに実施している基幹統計調査。1950年から5年ごとに実施しており、今回で15回目となる。農林業全体では、経営体数(令和2年2月1日現在)は109万2千経営体で、5年前に比べ22.2%(31万2千経営体)減少。このうち農業経営体数は107万6千経営体で21.9%減少した。また、昨年11月に概数値が発表されているが、今回の確定値では新たに家畜の飼養経営体数と飼養頭羽数などの結果が公表され、畜産関係の状況が明らかになった。

◆行政・統計

More

◆トレンド

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は、令和3年7〜9月期の配合飼料供給価格について、同年4〜6月期に対して全国全畜種総平均1tあたり4,700円値上げすることを決定した。改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 全農による飼料情勢および値...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top