食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

鳥フル、来シーズンへ発生予防・まん延防止策を提言—農水省小委

 農水省は14日、第76回家禽疾病小委員会および令和3年度第1回高病原性鳥インフルエンザ疫学調査チーム検討会を、オンラインも併用して開き、来シーズンに向けた鳥インフルエンザの対応について提言を取りまとめた。
 冒頭、消費・安全局の新井ゆたか局長は、今シーズンの鳥インフルエンザについて、「殺処分数も987万羽ということでかつてないシーズンになった。日本だけでなくヨーロッパにおいても、フランスでは4月23日までに493件、ドイツでも4月15日までに223件と、ユーラシア大陸に広く大流行した」と話し、「今シーズンの疫学調査チーム全体として、何が上手くいっていなかったのか、来シーズンどうやっていけばいいのかということを指導してもらい、次のシーズンに向けての動きとして半年以上の時間があるので、発生予防、まん延防止対策として必要な制度の見直しも同時に行う意向」と述べた。
 分離ウイルスの感染試験や野鳥の調査結果などを踏まえた、次シーズンに向けての発生予防・まん延防止対策の強化・徹底についての提言内容は次のとおり(食肉速報に掲載)

◆行政・統計

More

◆トレンド

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は、令和3年7〜9月期の配合飼料供給価格について、同年4〜6月期に対して全国全畜種総平均1tあたり4,700円値上げすることを決定した。改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 全農による飼料情勢および値...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top