食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

令和3年8月の大雨被害額83億円、今後も増加見込み—野上農相

 8月11日からの大雨による農林水産関連の被害状況は、現時点で33府県から報告があり、被害額は約83億円にのぼる。これについて野上浩太郎農水大臣は20日、閣議後会見で「防災重点ため池の損傷や農地農業用施設における法面崩れなどの報告を受けている。大雨が続いている地域もあるため、大部分の市町村が調査未着手、または調査中であることから今後も被害額は増加する見込みである。農水省では、大雨の備えとして、農業用ダム7カ所で事前放流を実施し、洪水被害の防止、軽減に取り組んだ」と説明した。同省は、被災地に延べ83人の職員を派遣し、現地調査や技術支援を実施しており「農業用施設への被害があった広島県、福岡県では農水省の応急排水ポンプを活用した職員による排水作業を行っている。引き続き現地との連絡を密に、被害状況を速やかに把握した上で、農林水産業への影響を最小限にするよう対応していく」とした。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top