食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

豚肉は底堅い相場が続く、暑さや豚熱で出荷頭数減少

 全国的にコロナの爆発的な感染拡大が続く中、緊急事態宣言の期間延長や対象地域が拡大しているほか、各地で豪雨による被害が発生するなど、天候不順が続いていることもあり、末端消費は芳しい状況にない。
 一方で前週8月16日の全国と畜頭数が5万頭台前半となるなど、全国的に豚の出荷頭数は盆明け以降もなかなか増えていない。猛暑の影響もあり、増体が進まないケースなどもあるようだ。さらに関東近郊の産地でも豚熱の発生があり、近郊市場への補充手当てや上物を買い求める動きなどもあり、一部では品薄感もみられる。また、輸入豚肉については、引き続きコロナによる入船の遅れなどもあり、北米産なども入荷が不安定な状況が続いている。
 こうした要因により、盆明け以降も東京食肉市場では600円を超える展開となっている。7月の月間加重平均は635円、中物価格も601円をつけたが、8月もそれに近い価格となりそうだ。暑さも一段落する彼岸ごろからは徐々に出荷頭数も増加傾向となることが見込まれるが、学校給食の再開などもあって、9月に入っても基本的には底堅い相場展開が続きそうだ。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top