食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

肉類自給率2年連続上昇し53%、3畜種とも増、豚50%の大台回復

 農水省は25日、令和2年度食料需給表(概算値)および食料自給率を公表した。それによると肉類自給率は53%となり、前年から1ポイント上がり、2年連続で上昇した。近年、高まる食肉需要に対応する輸入品の増加などで平成27年度から4年連続で低下していたが、令和元年度にようやく歯止めがかかり上昇に転じ、さらに2年度は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大による需給動向の変化も影響し、3畜種とも国内生産量が増加、輸入量が減少したことなどで引き続き上がった。このうち牛肉は6年ぶりに上昇し、前年から1ポイント上がり36%となった。豚肉も1ポイント上昇して50%となり、平成29年から割り込んでいた50%の大台を回復した。鶏肉も6年ぶりの上昇で、前年から2ポイント上がり66%となった。
 肉類の自給率は平成24年度から55%を3年連続で維持していたが、27年度54%、28年度53%、29年度52%、30年度51%と毎年1ポイントずつ4年連続で低下したあと、令和元年度は52%、さらに2年度は53%と1ポイントずつ2年連続で上昇した。

◆行政・統計

パレット標準化に向け、中間取りまとめ公表—農水省

パレット標準化に向け、中間取りまとめ公表—農水省

 農水省は27日、「官民物流標準化懇談会 パレット標準化推進分科会」の中間取りまとめを公表した。 わが国の重要な社会インフラというべき物流は、現在、労働力不足をはじめ多くの課題に直面している。令和3年6月に閣議決定した総合物流施策大網(20...
More

◆トレンド

7〜9月期配合飼料供給価格、1万1,400円値上げ—JA全農

7〜9月期配合飼料供給価格、1万1,400円値上げ—JA全農

 JA全農は22日、令和4年7〜9月期の配合飼料供給価格について、飼料情勢・外国為替情勢などを踏まえ、4〜6月期に対し、全国全畜種総平均1tあたり1万1,400円値上げすることを決定した。なお、改定額は、地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 飼...
More

◆国内外の団体

全肉生連が総会開催、衛生管理にかかわる情報・知識の普及へ

全肉生連が総会開催、衛生管理にかかわる情報・知識の普及へ

 全国食肉生活衛生同業組合連合会(肥後辰彦会長=写真)は28日、東京都千代田区の都市センターホテルで令和4年度第1回理事会および第63回通常総会を対面形式で3年ぶりに開き、3年度事業報告や4年度事業計画などの提出議案を原案どおりに承認した。...
More

◆製品

More
Return Top