食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

8月の大雨被害額、農林水産関係被害386億円超え—農水省 

 農水省によると、11日からの大雨による農林水産関係被害額は26日現在で判明している状況で、37道府県から報告があり、合計386億3千万円。被害額は26日時点で都道府県から報告があったものであり、引き続き調査中。畜産関係は、畜産用施設が滋賀県、長崎県(被害数5件)で発生しており、被害額の報告は受けていないが引き続き調査中としている。また、農業・畜産用機械が、佐賀県(62件)で発生しており、被害額は3千万円。農林水産関係の被害額の内訳は、畜産関係を含む農作物などが45億8千万円。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

牛モツ入り鍋スープなど、エスフーズが秋冬新商品発表

牛モツ入り鍋スープなど、エスフーズが秋冬新商品発表

 エスフーズはこのほど2021年秋冬の新製品・リニューアル商品を発表した。いずれも8月下旬から発売開始している。 新商品は「旨美鍋」(うまみなべ)シリーズ。同社の定番商品である「こてっちゃん牛もつ鍋」同様、具入りの鍋スープだが、このシリーズ...
More
Return Top