食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

鶏肉最需要期迎え現地高、中小の卸、外食、中食には受難の秋冬

 いっとき盛んにいわれた「から揚げブーム」だが、参入しようという事業者はまだまだ少なくないことが分かる。9月2日に経産省が発表した令和2年度第3次補正予算「事業再構築補助金」第2回公募の採択例をみると、既存の商売にプラスオンして、から揚げのテイクアウトを始めようという事例が多数みられる。まったく外食、中食と関係のなかった商売からの参入者もいれば、居酒屋が飲酒を前提とした夜間営業がむずかしくなり、昼間の時間帯にテイクアウトを始めるといった例も多い。テイクアウト用のカウンターなり、フライヤーの増設なりに税金が投入されている。
 10月に入れば緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の解除など、飲食店でのアルコール提供の規制が大きく緩和される。また、クリスマスを控え、加工用の鶏肉カット物は最需要期を迎える。
 高級志向はともかくとして、「ちょい飲み」「オフィス街の弁当」「夕食のサイドメニュー」といったレベルでの焼き鳥、から揚げ、1本数十円といった売価の中食の焼成済み焼き鳥の鶏肉原価はどうなるのだろうか。
 本来であればカット物の主産地であったタイ産は現地のコロナ禍による減産で高騰している。焼き鳥、から揚げ、フライドチキンを含め、一口大にカットされたモモはキロ450円程度が相場で、昨年の同じ時期と比較しても30%程度上げている。「キロ450円でもモノがあればマシ。実質的には『相場立たず』ではないか」という関係者も少なくない。近隣諸国からの労働力も絶え、加工現場が稼働していないともきく(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top