食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

兵庫県共の名誉賞・農水大臣賞に村尾和広さんと兵庫田中畜産受賞

 第103回兵庫県畜産共進会(主催=全国農業協同組合兵庫県本部)が4日、兵庫県養父市の但馬家畜市場で開催された。このうち種牛の部の名誉賞・農林水産省大臣賞には美方郡の村尾和広さん出品の雌牛を、肉牛の部には丹波篠山市の兵庫田中畜産㈱出品の去勢牛を選出した。昨年まで肉牛の部3連覇だった太田克典さんは惜しくもナンバー2となる最優秀賞1席だった。
 明治42年に初開催され、全国でも珍しい生体審査が行われる年に1回の但馬牛の最高峰の共進会。種牛の部には雌44頭、肉牛の部には雌16頭、去勢43頭の計59頭が出品された。今回は昨年に続いてコロナ禍での小規模開催となった。最後に行われた肉牛の臨時せりでは、兵庫田中畜産出品の肉牛の部の名誉賞牛が、フィリピン.マニラの高級レストラン「WAGYU STUDIO(ワギュウスタジオ)」に過去最高額となる1頭あたり1,200万円で落札された。驚きの金額に場内がどよめきに包まれた。ワギュウスタジオは兵庫田中畜産の「神戸ビーフ」指定で取り扱っており、毎月3〜4頭程度使用する。兵庫田中畜産は昨年まで2年連続でナンバー2である最優秀賞1席にとどまっており、今回雪辱を果たした。
 また同社は過去、同共進会で第89回、90回、91回と3連覇を果たしていたが、それ以来、雌牛のチャンピオンは獲得していたものの、名誉賞からは遠のいていた。12年ぶりの受賞に牧場を管理する田中久工さんは「感無量。毎年狙っていただけに本当にうれしい」と喜びを語った。そのほか、3年連続で雌牛のチャンピオン(最優秀賞2席)には美方群の上田伸也さん出品牛を選出。

◆行政・統計

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

 「令和3年度全国優良畜産経営管理技術発表会」が26日、公益㈳中央畜産会の主催で実施された。同発表会は、第61回農林水産祭の一環として開催されており、畜産経営の表彰としてはわが国を代表する行事といえる。畜産経営の優秀な事例を称えるとともに、...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが来年2月1日から商品規格変更および価格改定

日本ハムが来年2月1日から商品規格変更および価格改定

 日本ハムは1日、2022年2月1日から主力商品の「シャウエッセン」など、一部商品の規格変更および納品価格の改定を実施することを発表した。  価格改定の主な要因は、ハム・ソーセージおよび加工食品の主原料や小麦粉・食用油などの副資材の高騰。昨...
More
Return Top