食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

鳥フル等家畜防疫対策本部開催、感染経路など指摘—自民党

 自民党の鳥インフルエンザ等家畜防疫対策本部が党内で開催され「秋田県、鹿児島県および兵庫県における高病原性鳥インフルエンザ」について議論された。会議では農水省の消費・安全局の小川良介局長から今シーズンの発生事例と対応について説明があったほか、意見交換などが設けられた。
 国内での発生は3県4事例となっており、殺処分数は34万羽を超える被害となっている。10日、1例目となる秋田県での発生を受け、同日から日本全国の家禽肉および卵の輸出を一時停止していたが、輸出相手国当局に対し、地域主義の適用などを活用した輸出再開を要請。これにより、香港、シンガポール、米国、ベトナム、マカオでは発生県以外からの輸出が再開している。(カンボジアにおいては、日本国内で流通している家禽肉・肉製品のカンボジアへの輸入が認められており、輸出を継続)
 大規模農場のうちとくに大きい家禽農場においては、すべての県から、発生に備えた対応計画および畜舎ごとの飼養衛生管理者の配置について対応済みとの報告があった。一方で、それ以外の家禽農場および養豚農場については、一部の農場で対応できておらず、早期の対応が必要とされている。ことし10月時点の飼養衛生管理基準の順守状況は4月に比べて低下しており、順守率100%へと改善を目ざすことが重要である。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top