食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

日本ハムが羊肉セミナー、ブランディングやラムの魅力を紹介

 日本ハムは19日、東京都港区のプルマン東京田町で羊肉セミナーを開催。現地会場、オンラインを合わせて50人以上が参加した。セミナーにはMLA豪州食肉家畜生産者事業団の三橋一法ディベロップメントマネジャー、日本ハム食肉事業本部食肉マーケティング推進室の坂田亮輔氏、日本ハム食肉事業本部輸入商品部の柏木剛氏、Pullman TOKYO TAMACHIの福田浩二総料理長らが登壇し、近年取り扱いが増加している羊肉の魅力について紹介した。また、会場では「ラムチョップのロースト」「ラムショルダーのジャーキーを使った羊のピザ」「ラムチャックロールと広島牡蠣の串焼き」「ケイジャンスパイスでマリネしたラムランプステーキ ラムミートボールと白いんげん豆添え チャルモラソース」の試食が振る舞われた。
 MLAは北海道でジンギスカン応援隊として、羊肉の消費拡大に取り組んでいる。国内の羊肉消費の半分以上を北海道が占めているが、人口減少や少子高齢化などを背景に、羊肉(主にジンギスカン)を食べる頻度も減りつつある。そんな中、MLAは次世代にジンギスカンの食文化をつなぐため、「ジンギスカン応援隊」を結成。また、国内全体で羊肉消費を拡大するべく、さまざまなジャンルの食のプロフェッショナルをオージー・ラムのPR大使「ラムバサダー」に任命し、いろいろな角度から羊肉の魅力を発信している。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top