食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

鶏肉マーケット Xマス控え相場高、リベンジ消費の追い風

 東京の食品スーパー、アキダイの秋葉弘道社長がテレビのニュースでぼやいていた。「クリスマス用にタイ産のチキンレッグを仕入れようとしたら、問屋にことしは無理といわれた」と。
 もっとも秋葉社長は、夏の天候不順で野菜が値上がりすればインタビューを受けてぼやき、代替にこんな物が売れると裏技を披露する。途方に暮れる経営者ではなく、小売現場の工夫なり、消費者の知恵なりを人なつっこい調子で的確に語るコメンテーターとして重宝されているのだろう。
 さて、タイ産もブラジル産も多少軟調には向かっているものの、依然例年の2倍の高値で最需要期のクリスマスを迎えようとしている。途方に暮れるべきなのであろうか。
 10月29日、日本食鳥協会が「国産とり肉の日」に国産チキン普及・啓発貢献者として感謝状を贈ったのは、から揚げ専門店「鶏笑」を展開する㈱NISだった。受賞の理由は、国産鶏のムネ肉のから揚げを看板メニューに店舗数を増やしていること。食鳥協の佐藤実会長は「まだまだ需要の少ない国産鶏のハツやレバーなどのから揚げ商品化もお願いしたい」と表彰式で述べた。
 相場をみれば、国産ムネ肉も高い。生鮮・冷凍ともキロあたり330円前後と、初冬とは思えない高値だ。それでもクリスマスはやってくる。クリスマスチキンの代替にローストビーフを提案するか。いや、輸入牛肉も高い。
 それならマッシュポテトとおいしいグレービーソースを添えて。少しのローストビーフにたっぷりのポテトでは豪華なムードが出ないなら、ほんの少しトリュフ塩でも使ってみる。たとえばそんなことが、商売人の腕のみせどころなのではないか。焼き鳥店ではそうもいかない? いや、実際に豚モツなどは、秋口から外食用に引き合いが高まったという。

◆行政・統計

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

 「令和3年度全国優良畜産経営管理技術発表会」が26日、公益㈳中央畜産会の主催で実施された。同発表会は、第61回農林水産祭の一環として開催されており、畜産経営の表彰としてはわが国を代表する行事といえる。畜産経営の優秀な事例を称えるとともに、...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが来年2月1日から商品規格変更および価格改定

日本ハムが来年2月1日から商品規格変更および価格改定

 日本ハムは1日、2022年2月1日から主力商品の「シャウエッセン」など、一部商品の規格変更および納品価格の改定を実施することを発表した。  価格改定の主な要因は、ハム・ソーセージおよび加工食品の主原料や小麦粉・食用油などの副資材の高騰。昨...
More
Return Top