食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

千葉、埼玉、広島で鳥フル発生、国内発生は8例に及ぶー農水省

 農水省が公表している5日から7日の国内における鳥インフルエンザの発生状況は次のとおり。【千葉県市川市】宮内庁新浜鴨場から4日、あひる(合鴨)に死亡やふらつき症状がみられるとの通報を受け、遺伝子検査を実施した結果、5日に高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内6例目)であることが確認された。飼養状況は約340羽。【埼玉県美里町】採卵鶏農場から6日、異状(まとまって死亡)がみられると通報を受け、検査の結果、7日に同病の疑似患畜(国内7例目)であることが確認された。飼養状況は約1万7千羽。【広島県福山市】採卵鶏農場から6日、死亡羽数が増加しているとの通報を受け、検査の結果、7日に同病の疑似患畜(国内8例目)であることが確認された。飼養状況は約3万羽。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top