食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

自民畜酪対策委員会で、各団体が畜産物価格などに関する要請

 自民党の畜産・酪農対策委員会(第1回)が7日、党内で開催され「南九州の現場視察の報告」「畜産酪農をめぐる情勢について説明」があったほか「畜産・酪農関係団体から畜産物価格などに関する要請(全国農業協同組合・日本酪農政治連盟・全国肉牛事業協同組合・一般㈳日本養豚協会・一般㈳日本養鶏協会)」が示された。
 開会にあたって伊東良孝畜産・酪農対策委員長は「ことしもいよいよ畜産物価格の季節となった。これについては、例年の予算編成に合わせて決定をしている。昨年はコロナで生産現場に行くことができなかったが、ことしは北海道と南九州の生産現場の視察を行うことができた(南九州は4、5日実施、北海道は11、12日実施予定)。このほかの都府県については、ウェブ会議を行う予定である」と説明した。「本日の1回目の畜産・酪農対策委員会では関係団体の要請をいただく。きょうを皮切りに、議論を開始し、現地の意見や関係団体からの要請を踏まえ、12月下旬には決定し、報告ができるよう進めていきたい。本年も先生たちと一緒に、適切な畜産物価格決定に向けて頑張っていきたい」と述べた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top