食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛肉マーケット展望—牛肉高級部位動き鈍い、輸入物供給不安続く

 コロナ陽性者や濃厚接触者の増加で予約キャンセルが相次ぎ、外食店は非常に厳しい状況にある。半年や1年先まで予約が取れないという、いわゆる〝予約困難店〟でさえ空席がみられるようになった。この先はコロナ陽性者数の推移と大きくリンクしているため予測はむずかしいが、米国、英国はピークアウトを迎えており、その他の欧州諸国もその兆しがみえている。いずれの国も12月中旬から下旬にかけて急激に感染拡大し、およそ1カ月弱でピークアウトした。
 日本では沖縄県の感染拡大が先行したが、沖縄県もピークアウトを迎えている。専門家ではないため予測はできないが、そのほかの都道府県に関しても、2月中にピークアウトを迎えることを期待したい。しかし、2月中は厳しい状態が続くことを覚悟しなければならない。まん延防止等重点措置の実施期間中は、現状の引き合いが継続するだろう。牛部分肉では、やはりロース、ヒレといった高単価部位の荷動きは悪い。カタロースはロースの代替需要で一定程度の荷動きか。バラは季節柄と焼き肉店の低迷で苦戦。モモはモノ次第となりそうだ。チマキ、ブリスケといった低価格部位の引き合いはありそう。
 輸入ビーフについては、豪州産チルドは量販店向けのスソ物が中心の引き合い。一段高となったランプをはじめ、多くの部位が相場を上げているが、ロイン系の引き合いは弱い。引き合いのある部位についても好調とはいえないが、供給量が限られているからバランスを維持できている。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top