食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

農産物輸出促進対策委、米国市場ヒアリング実施—自民党

 自民党の農産物輸出促進対策委員会が10日、党内で開催され、米国事業者からのヒアリングを行った。米国の現地事業者として、共同貿易(株)(ニューヨーク)とMitsuwaマーケットプレイス(ロサンゼルス)がオンラインで出席した。
 冒頭、上月委員長は「米国の輸出実績においては昨年、中国や香港に次ぐ第3位の輸出先国となっていて、対前年比でいうと40%伸びている。大変重要な市場であるため、現場の生の情報をしっかりききたい」と述べた。
 共同貿易(株)によると、昨年からコンテナ不足による影響で日本からの商品供給が十分にできていない。さらに、本年度は西海岸の港湾の労使交渉が始まることも踏まえ、十分な輸出ができないだけでなく、価格も高騰し、レストランでは米国現地の商品に切り替えざるを得ない状況になっている。一方、和牛などは人気商材となっているため、同社では、和牛を安定供給できるよう冷凍コンテナ便での輸送を開始した。
 ニューヨーク(米国)の輸出市場として「地産、部位、ランクの選択の増加」「豚肉や鶏肉の輸出」「畜肉エキスを使用した商材の輸出」によって輸出量の大幅増加の可能性がある。一方、米国ではすでに多くの日本食材が現地生産されている。たとえば、現地の大きな米系スーパーやレストランチェーン店などは使用量が大きいため、同じ商品であってもコスト安で品質も良く、安定供給できる現地生産メーカーと直接取引することが多い。このボリュームゾーンに入るには、現地生産では対応できない日本の技術、味、独自性をもった商品のアピールが必要になる。このことから、課題として「規制緩和」「輸出促進イベント」「日本国のアピール」をあげた。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top