食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛肉輸出課題に「ロイン以外の部位の強化を」—農水省・伴氏講演(1)

 幕張メッセで開催されている第46回食肉産業展の食肉情報セミナーが8日に開講され、昨年に引き続き、農水省食肉鶏卵課の伴光(ばん・あきら)課長補佐(写真)による講演が行われた。講演では「食肉の輸出情勢と拡大戦略—牛肉を中心に—」をテーマに、最近の食肉輸出をめぐる情勢、オールジャパンやコンソーシアムの取り組み、輸出促進のための支援策などを説明した。
 それによると、食肉の輸出額は2011年以降右肩あがりで伸びている。20年は新型コロナの影響により横ばいであったが、昨年は輸出額570億円に到達し、このうち牛肉は537億円で食肉全体の94%を占めている。
 21年の牛肉の輸出量は約8千t(前年比63%増)、輸出額は537億円(86%増)と、ともに過去最高を記録。輸出額全体の約7割がアジア向け(カンボジア、香港、台湾など)である。21年以降は、外食産業の回復に加え、家庭内でも牛肉を消費するなどの内食化の影響も受けたことで、前年比で2倍弱という実績につながった。とくに、カンボジア、米国、EUが2倍以上の伸び率となった。さらに、各国において、和牛を家庭内で消費する傾向があり、Eコマースでの和牛の需要が高くなっている。部位別の輸出量は、比較的にロインの割合の伸び率が高いが、地域差はある。台湾を中心としたアジアでは、薄切り肉の文化が定着しており、鍋などさまざまな部位を消費するため、カタ、モモ、バラなどのロイン以外の部位も輸出されている。一方、米国を中心とした欧米ではロイン率が8割という状況であることから、今後はロイン以外の輸出も伸ばしていくことが課題である。
 21年の冷凍・冷蔵の割合は冷凍が56%と冷蔵を少し上回る結果となったが、これについても部位同様で地域差はみられた。カンボジア、香港などは冷凍の割合が高く、EUや米国は冷蔵の割合が高い。これは地域のニーズだけでなく、輸送の面での要件が要因としてある。また、冷蔵牛肉の価格は、フルセット輸出の多いアジアでは6千円程度、ロイン中心の欧米では9千〜1万円程度となっており「牛肉輸出が国内価格・生産の下支えに良い影響を与えているデータがでている。輸出は生産者にとって効果があることを農水省としてしっかり説明していきたい」と話した。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top