食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

韓国における口蹄疫の発生、昨年3月の発生以来、約11カ月ぶり

 韓国家畜衛生当局は5日、同国忠清北道報恩郡の乳用牛飼養農場において口蹄疫(O型)の発生が確認されたと発表した。韓国における本病の発生は、昨年3月の発生以来、約11カ月ぶりとなる。
 これを受け、農水省動物衛生課長は同日、都道府県畜産主務部長、動物検疫所長あてに通知を発出した。都道府県には、平成28年度の年末・年始および春節における口蹄疫などに関する防疫対策の強化について」に基づき、口蹄疫の発生予防対策および万が一の発生時のまん延防止対策に万全を期すよう要請している。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top