きょうから日米経済対話始、牛・豚肉の貿易障壁で懸念広がる

 日米経済対話が18日から東京都内で始まる。米国は貿易赤字の縮小や非関税分野等が焦点になると言われている。現状では農業分野の協議促進が言及されていないが、今後、米国に対して日本が求めている農畜産物の関税維持(牛肉の関税制度の維持や豚肉の差額関税制度)について厳しい要求が突きつけられる可能性も指摘されており、米国の出方が注目される。特にドナルド・トランプ大統領は環太平洋連携協定(TPP)については、大統領に就任前から反対の姿勢をみせ、TPPの受け入れを拒否しており、日本側も、トランプ大統領が日米の2国間自由貿易協定(FTA)交渉に前のめりで、どの時点で農畜産物の関税交渉に踏み込んでくるのか警戒しているのが実情だ。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする